So-net無料ブログ作成
-| 2012年05月 |2012年06月 ブログトップ

5月30日 絶対離さない!離れない!わたさない! [尾瀬沼の日々]

こんにちは。

本日はお天気も良く散歩日和、日向ぼっこ日和、もしくは昼寝日和とでも言うのでしょうか?
日射しは暖かく、柔らかい光りはとても心穏やかな気持ちにさせてくれます。
なので、のんびりとヤナギランの丘まで散歩に行きました。

ゆっくりと体をなぞるそよ風。
声高らかにさえずり合う鳥の声。
地をはう低い声…!?
グファグファ…。カエルの鳴き声です。

oP5300712.jpg

ヤナギランの丘付近の水溜りに5,6匹のアズマヒキガエルが居ました。
ちょうど今頃は繁殖期のため子孫を残そうとオスが必死に戦ってメスを奪い合っていました。

oP5300680.jpg

本によると
2~7月は繁殖期らしい。
メスは極端に少なくそのためオスはとても必死で、メスを見つけ抱きしめたら離さない。
そのため中にはしめ殺されてしまうメスもいるらしいです。

産卵後の卵は6月以降に上陸らしいので今度は孵化したオタマジャクシを楽しみにしたいのですが
湿原にできた小さな水溜りのため、いつかは干上がってしまいます。

oP5300673.jpg

ハラハラドキドキしながら、明日も楽しみにしたいです。


nice!(0) 

5月25日  春探しの探検 [尾瀬沼の日々]

こんにちは。

当ブログを覗いて頂いてありがとうございます。
尾瀬、三年生。
まだまだ植物、動物、地形、歴史、と尾瀬勉強中のわたくしですが
自然の中に身を任せ、様々な気付きを楽しみ微力ながらも皆様にお伝えできますよう
一生懸命書かせて頂きますので何卒よろしくお願い致します。

本日は大江~北岸~沼尻~白砂峠~見晴~赤田代のルートをピストンしました。

今の時期では所々によりまだまだ雪が多く残っています。
日々の天候によりどんどん雪は解けだし、踏み抜きで転んだり、濡れた木道で滑ったりと足元には充分注意して下さい。

まだまだ雪の目立つ尾瀬ですが、ちゃーんと春はやってきています。
沼周辺を歩いていると足元にはカラマツ、コメツガ、アオモリトドマツ、ゴヨウマツ、の松ぽっくりが沢山落ちています。
ですが峠を越えるといつの間にかパキパキと足音が変わり、ブナの実が沢山落ちていることに気付きます。

木々の新芽も目立ち、特にオオカメノキの芽なんて面白いユニークな形をしているため
見るたびに表情が違いとても楽しく、笑顔になります。

oaP5250659.jpg

白砂峠では様々な花々が春を知らせてくれています。

雪の下でずーっと春を待っていたゴンタチバナの葉。
小さいけれど色っぽいエゾエンゴサク。
いっぱい種類があってわからないスミレサイシン。
大きくて凛として素敵なキクザキイチゲ。
まだ花が開いてなかったコミヤカタバミ。
根元にちょこんと薄いピンクのイワナシ。
まだまだ小さいクルバマソウにマイズルソウ。
どれもこれもまだ咲き始めで小さいですが、ちゃんと今年も春がやってきています。

oP5250646.jpg

oaP5250650.jpg

ずんずんと森の中、雪で滑ろうが、ぬかるんで靴が真っ黒になろうが
倒された枝に顔をぶつけようが、下りの木道で尻もちをつこうが、なんのその!!

小さな発見がおおきな“わくわく”につながるんですもの。
だから「歩く」っていいですよね。

見晴、赤田代の水芭蕉はまだまだ小さくとっても可憐で可愛いサイズです。
これからが見頃でしょうか。

oP5250662.jpg

これから尾瀬に来られる方はぜひ
水芭蕉だけではなく色々な春を貴方なりに感じ
素敵な探検になりますように。


nice!(0) 

準備中です。

準備中です。
しばらくお待ちください。
nice!(0) 

-|2012年05月 |2012年06月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。