So-net無料ブログ作成

7月25日 ぐるりと燧一周 [尾瀬沼の日々]

こんにちは。

お久し振りです。
だいぶブログアップの時間が空いてしまい申し訳ありませんでした。

さて、本日は
白砂~見晴~裏燧~御池~沼、と燧ケ岳の周りをぐるりと一周コースで歩きました。
久し振りにゆっくりと歩くことができたので
こんなにも沢山の花々が咲いていた事に驚きの連続でした。

沼尻湿原に着くとまず目に付くのはキンコウカ。
あぁ、もうキンコウカが咲いてる!!と嬉しいような淋しいような。
だって、尾瀬の短い夏が駆け足で走り去ってしまうから。
でも、キンコウカが咲くと湿原はより一層に輝きを増し、
地上の星空の様に美しく光っております。

P7251221.JPG

他にもモウセンゴケの花が細く白くにょろりと顔を出しているのが
とっても愛らしいです。
今回早い時間に沼尻に訪れたので池塘のヒツジグサはまだ朝寝坊中でした。

白砂湿原で一息入れ、ほっと周りをみると足元にちょうどトンボが脱皮し体を乾かしている所に遭遇!
ものすごーく、触って見たかったですがここはぐっと我慢。
よく観察し写真に収めました。
こんな小さなヤゴから、あの大きな体が入っていると思うとまた驚きです。
無事、飛び立っていけたことを願います。

P7251222.JPG

白砂峠では沢山の鳥たちの鳴き声を耳にします。
ウグイス、メボソムシクイ、ウソ、コマドリはなんとか分かりますが
アオジ、ノジコ、コルリの鳴き声はまだまださっぱり。
今回一緒に同行させていただいた友人に教わるも、
難しい、見つからない、見えない、の三拍子揃いまだまだ勉強不足ですね。

そしてもうだいぶ終わりかけですがショウキランも株で立派に咲いていました。
何度見ても、花の表情が面白く(人の驚く顔に見える)飽きないお花ですね。
あっ!イチヤクソウも咲き出し、森の中に映える映える!美しいですね~。

P7251226.JPGP7251232.JPG

尾瀬ヶ原に着くとまず、風が違う。
生ぬるい風が吹き、広がる尾瀬ケ原に心躍ります。
だって、たくさんお花が咲いているですもの!!

ミズチドリも真っ白に凛と立ち、
サワヒヨドリにはヒョウモンチョウが花の蜜を吸い
足元にはベニバナロウゲの色っぽい色でこちらの見つめ
コバギボウシも元気に花開き
何度見ても表情の面白いカキラン
ネジバナ、コアニチドリもひっそり咲いています
ひと際、夏を鮮やかに彩るコオニユリ
背高のっぽのオタカラコウ、マルバダケブキ、オオウバユリも立派!

P7251235.JPGP7251240.JPGP7251241.JPG

P7251246.JPGP7251248.JPGP7251253.JPG

P7251236.JPGP7251244.JPGP7251254.JPG

P7251258.JPGP7251259.JPG


段吉新道を通り、御池へ向かいます。
林道内にはフデリンドウが咲いているはずですが今回は見つけられませんでした。
ブナは生い茂り、ほおの木の葉っぱのやはり大きい。
ハクサンシャクナゲも綺麗に咲いています。
サンカヨウは花が終わり実になり、
吊り橋を渡った先の山ブドウは今年も実るかな?

そして、沼山~大江を歩き小屋へと戻ります。
峠ではヤマハハコが顔を出し始め、湿原ではワレモコウも顔を出し始めていました。
大江川沿いのシシウドは凄く立派でした。

P7251267.JPG

P7251268.JPGP7251271.JPG


最後に今年のニッコウキスゲは鹿の食害が酷くほとんどが蕾のうちに食べられてしまい
咲いているのは沼尻分岐のベンチあたりのみ。本当に残念であります。
しかし、自然の力は偉大。来年を楽しみに、今回も楽しい尾瀬歩きでした。

ちなみに、7月26日には尾瀬も梅雨明けをしましたので
これから真っ青な青空の下、爽やかな風を感じ、元気に歩くことができますね。
短い尾瀬の夏を是非体感しにいらしてください。




nice!(0) 

7月17日 凄い朝焼け!

おはようございます。

朝、4時半頃でしょうか?
起きたら空が真っ赤で慌てて外に出ました。

空と雲が、赤からオレンジ、黄色に変わりあっという間に変化していきました。

淡い朝焼けは何度か見ましたが
これだけ色がはっきりと出て、大江湿原方面の空、全てが焼けたのは
本当に見応えのあるものでした。

P7171173.JPGP7171176.JPG
nice!(0) 

7月11日 青空の尾瀬沼 [尾瀬沼の日々]

こんにちは。

本日はスキッっと晴れた素敵なお天気。
風も心地よく吹き抜け、日差しの暑さも和らぎ
最高のお散歩日和でした。

そんな天気の中、今日もご機嫌、鼻歌まじりで大江湿原を歩きます。

だいぶ湿原の草花は背丈が伸び、今まで足元を飾っていてくれた
タテヤマリンドウやイワカガミ、ヒメシャクナゲなどは
覗きこまないと顔を見せてくれません。

しかし背丈の高いアザミやワタスゲ、アヤメ、カキツバタなどが待っていてくれます。
アザミもだいぶ蕾が膨らみ、もうすぐ開花しそうです。
あっという間に背丈は私と同じくらいまで伸びました。
ヒオウギアヤメの模様は美しく、飽きることなく観察し、うっとりします。
美しいと言ったらカラマツソウもそうですね。
繊細で純白でいて、控えめな感じ。
あぁ、私もそんな女性になりたいものです。(笑)

P7111084.JPGP7111085.JPGP7111090.JPG

そして、チラホラとついにニッコウキスゲも咲き始めました!!
今年も大江は黄色い絨毯が見えるでしょうか?
今からとてもワクワクしながら、キスゲは元気に空に向かって花咲いていました。

P7111093.JPG

お天気が良いと虫たちも動きます。
今年も会えました、ルリイトトンボ!
その碧さは青空よりも青く感じます。
風に吹かれ漂い遊んでいる様でした。

P7111150.JPG


小屋の周りには立派なヒメサユリが咲きだし
やっとヤマオダマキも花咲いてくれました!

P7111153.JPG

これから初夏の花々がたくさん顔をみせてくれることでしょう。

今日も沢山の元気を自然から頂き、午後も頑張って仕事します。
いってきま~す!!

nice!(0) 

7月4日 ぐるっと尾瀬、お花畑 [尾瀬沼の日々]

こんにちは。

お久しぶりです。
暫くブログアップできず申し訳ありません。

尾瀬でも少しずつ空高く、青く、夏雲がもこもこと顔を出し
夕方には天気が崩れ、半袖でも寒くないくらいに少しずつ夏がやって参りました。

そんな中、休暇で久し振りに尾瀬を満喫しに歩きます。
コースは
午後より、尾瀬沼~白砂~尾瀬ケ原~山の鼻地区一泊
翌日、至仏山~鳩待~アヤメ平~白尾・皿伏で沼に戻る。

天候も比較的良く、平日は人も少なく混雑することなく歩けました。

今の時期の尾瀬ヶ原では様々な花々が色とりどりに湿原を飾ります。
先ず第一に目につくのは、「ワタスゲ」です。
今年は大分多いのか、あちらこちらで風に揺られとても気持ち良さそう。
特に上田代(牛首~山の鼻)では真っ白になるくらい美しいです。

他にもレンゲツツジの鮮やかなオレンジ
カキツバタの濃い紫(今年は少し少ないかな?)
ヤマドリゼンマイの明るい緑が特に湿原を華やかにしてくれています。

P7030965.JPGP7030964aa.jpg

小さな、タテヤマリンドウ、イワカガミ、ヒメシャクナゲ、などとっても愛らしい!
あ、トキソウ、ハナニガナ、ヤナギトラノオも咲き始めました!

ニッコウキスゲは気の早いのが二輪だけこっちを見ろ!と言わんばかりに咲き
池塘には3株オゼコウホネがひょっこり顔を出していました。

P7030945aa.jpgP7030967.JPG

しかし、こんなにヤチヤナギはあったけか?と思うくらい多く
美しい湿原、素敵な花々は大丈夫?と湿原の乾燥化が心配になります。

心配と言えば去年の夏の終わりに
尾瀬ヶ原が水没するくらいの豪雨があり、竜宮小屋脇の沼尻川も氾濫し
多くの草花がなぎ倒され下山するまでその爪痕はいたるところで残っていました。
が、一冬越えまた春がやって来るとそんな形跡はどこにあったけか?と思うくらい
植物は元気に育っていました。

本当に自然は逞しい。

そんな事を思いつつ、尾瀬ヶ原の真ん中をずんずん歩くのは本当に気持ちがいいものです。

山の鼻地区では間近でセンダイムシクイが大きな声で鳴いていました。
本当に「焼酎グイー」って鳴くもんだから一人で大笑いしてしまいました。

夕方から降っていた雨も朝には止み
青空と朝露でキラキラと輝いています。そんな中7月から入山解除された至仏山へ!

山の鼻から登り森林限界を越え振り返るとそこには尾瀬ケ原を一望できる素晴らしい景色。
暑い日差しが射し、汗は止まらない。
しかし心地よい冷たい風が吹き疲れもいっぺんする天然クーラー。
本当に山登りは気持ちがいいもんです。

P7040986.JPG

高天ヶ原のお花畑は今年もちゃんと待っていてくれました!
7月上旬ですから花々のピークよりは早いですがそれでも沢山の花々が居ます。

面白い形のクモイイカリソウ。

P7041013.JPG

皆の人気者ホソバノヒナウスユキソウ。

P7041039.JPG

可憐なミヤマダイモンジソウ。

P7040976.JPG

ピンクで可愛らしいユキワリソウ。

とても立派なハクサンイチゲ。

隣を歩いてた若い女子が言ってたガチャピンムックのムックみたいな(笑)タカネシオガマ。

他にもジョウシュウアズマギク、イワイチョウ、キバナノコマノツメなどなど。

一年ぶりに行くもんだからなかなか花の名前がすぐ出てこなくてまだまだ勉強不足と精進するばかりです。

まだ少しだけ残雪もありますがすぐ溶けてしまうことでしょう。

P7041015.JPGP7041033.JPGP7041034.JPG

鳩待までの下りや、アヤメ平までの樹林帯では少しずつギンリョウソウが顔をだしていました。
ユキザサやマイズルソウが花開き可憐で素敵であります。

白尾・皿伏でもミツバオウレンやアカモノが咲き飽きることなく歩けます。

そして晴れたアヤメ平は本当に気持ちがいい!
燧ケ岳と至仏山を両方にそびえ新潟、群馬、栃木の山々を望み
足元には高山植物。

まだまだ復元の後は残っていますが、ゆっくりと自然の力を待つばかりです。

P7041071.JPG

この時期にしか会えない花々
この時期に感じる自然の雄大さ
何度歩いても楽しく増々尾瀬が好きになるばかり。

そして、小屋の赤い屋根が見えるとホッと安堵が広がります。
沢山の出会いに感謝して。


nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。