So-net無料ブログ作成

8月24日 トウヤクリンドウが、、、 [尾瀬沼の日々]

こんにちは。

ここ最近お昼までは青空の広がる気持ちの良いお天気で
お昼を過ぎたころから怪しい雲が顔を出し
雨が降り、時には雷がなり、夕方過ぎには雨上がりの涼しい風が吹く。
そんな夏の終わりのようなお天気が続いています。

本日は休暇で燧ケ岳へ登りに行きました。
ルートはナデックボから御池へ。
今回の目的は「トウヤクリンドウに会いに行くツアー」です。
お天気の中、ぐんぐんとナデックボを登り振り返れば沼尻、尾瀬沼、広がる山々。
その景色は何度見ても美しく心安らぎます。

P8241746.JPGP8241752.JPG

燧ケ岳の頂上、柴安のお花畑へ向かうと
オヤマリンドウ、ヤマハハコ、ハクサンフウロ、アザミなど様々なお花が咲いていますが
トウヤクリンドウが見当たらない・・・。
何度もうろうろ見て回りますが見当たらず・・・。

まだ出会えない運命ってことなのでしょうか。

P8241756.JPGP8241758.JPGP8241763.JPG


頂上を後にし、熊沢田代、広沢田代と向かいます。
キンコウカで湿原は金色に染まりイワショウブがゆっくりと風に揺られ
たくさんのトンボが空を舞い、アキアカネは太陽を沢山浴び真っ赤に染まって行きます。
本当に気持ちの良い風景です。

御池手前で急な大雨に振られ全身ずぶ濡れ。
皆さまはちゃんと雨具を忘れないでくださいね(笑)

そして沼山峠では今年もちゃんと出会えました!
シャクジョウソウに。
なかなか見つけずらいですが沼山のピーク辺りの木道脇にありますのでよく足元を観察してみてください。

P8241787.JPG

そして小屋の周りや湿原にも夏の終わりを告げる様々な花達が花を開いています。
夏が終わると思うと心なしか淋しく感じます。

あと、沼の畔にイトキンポウゲが咲いています。
長く務めている方のお話だと年々増えている!?だとか。
とても小さなお花なので踏まずにそっと眺めて下さいね。

P8241802.JPG
nice!(1) 

8月19~21日 奥鬼怒ツアー [尾瀬沼の日々]

こんにちは。
 
今年も昨年同様、尾瀬沼から奥鬼怒、さらに根名草山を越えて金精峠へ抜けるツアーが
3泊4日の行程で行われました。
昨年はあいにくの雨でしたが、今回はお天気に恵まれ景色と森林浴を楽しみ
素晴らしい山歩きとなりました。

1日目、夕方までに尾瀬沼の長蔵小屋に到着。ここまでのルートは自由
2日目、尾瀬沼~黒岩山・奥鬼怒経由、奥鬼怒温泉郷の日光沢温泉泊
3日目、日光沢~根名草山~金精峠に下り、迎えの車で戸倉はロッジ長蔵にて打ち上げ
4日目、朝食後、解散

以下、簡単なコースタイムの記録を掲載します。



8月19日(日)
5:00 尾瀬沼 長蔵小屋 発
6:10 送電塔(朝食15分)
7:15 赤安清水(休憩)
8:50 絶景岩
9:40 黒岩分岐(休憩)
10:30 小松清水(休憩)
12:00 鬼怒沼 (昼食40分)
15:45 日光沢温泉 着

休憩はそれぞれ約10分程(上記以外にも休憩あり)


送電塔までは朝靄に包まれ、小淵沢でもまだ真っ白ガスの中。
徐々に日が昇ると青空も顔をだし、森の中のは木漏れ日の美しい光りと朝露でキラキラと輝きが増します。
苔むしる道は本当に美しく、倒木さえも絵になります。
足元にはカニコウモリ、ツルリンドウ、イチヤクソウが花咲き、
絶景岩付近ではアカモノが見事に実をつけ、
オサバグサの葉もあちらこちらに見られます。
鬼怒沼湿原ではゆっくりと金沼の前で腹ごしらえ。
燧ケ岳もくっきり見え、キンコウカ、キリンソウ、なんとタテヤマリンドウもまだ咲いていました。
ほぼコースタイム通りの行程で日光沢に到着し温泉にどっぷりつかり
美味しいお酒とご飯で乾杯!
日光沢温泉のお米はキラキラと輝いていて、
とても美味しく皆さんお代わりが止まりません。
静かな夜更けと共に語らいは進みますが、また明日もあるので早目に就寝です。

P8191494a.jpgP8191506a.jpg

・小淵沢田代は朝もやの中
・送電塔で朝ごはん

P8191518.JPGP8191519.JPG

・カニコウモリ、アカモノが綺麗でした

P8191570.JPG

P8191579.JPG

・鬼怒沼から燧ケ岳がくっきり!
・昼食で乾杯!カステラ&ブランデー美味しかったなぁ

P8191597.JPGP8191599.JPG

・鬼怒沼は天国

P8191617.JPG

・美味しいご飯とイワナの骨酒でいただきます。



8月20日(月)
7:30 日光沢温泉 発
9:00 手白沢分岐(休憩)
9:45 第一ガレ場(ガレ場過ぎた斜面で20分休憩)
11:00 根名草山(軽食・昼食30分)
12:00 念仏平避難小屋(軽食・昼食30分)
14:10 金精峠(休憩)
14:30 金精峠駐車場
15:30 ロッジ長蔵 着

休憩はそれぞれ約10分程(上記以外にも休憩あり)


2日目は谷底から一気に標高差950m余りを登り、根名草山の頂上を目指します。
朝の日差し、朝露がまぶしく、昨日よりもお天気は良く青空が広がります。
展望も素晴らしく
燧ケ岳は勿論、会駒、景鶴、至仏、笠ヶ岳、上州武尊、
昨日通った黒岩、鬼怒沼もくっきり見え、遠く沼尻湿原まで見え
「あぁずいぶん歩いたね」と、笑顔になります。
行く先には日光白根、菅沼、中禅寺湖、戦場ヶ原に鎌田の街並みまで見えました。
特に、菅沼の色は青空よりも青く、本当に美しかったです。

最後に金精峠の急な下りを安全に下り、奥鬼怒ツアーも終わり。
とても名残惜しい程、素敵なルートでした。
ロッジに戻り、温泉で汗を流し美味しい夕食と楽しかったツアーの話で盛り上がりました。

P8201622.JPG

・二日目も元気に行ってきます!

P8201643.JPG

・一番高い山が黒岩山、そこから谷底の日光沢までこんなに下りました

P8201679.JPG

・絶景!!!

P8201716.JPG

・菅沼に上州武尊


nice!(1) 

8月10日 燧祭り [尾瀬沼の日々]

こんにちは。

今日は8月10日、長蔵小屋には所縁のある一日となります。
平野長蔵氏の誕生の日でもあり、長蔵氏が燧ヶ岳へ石の祠を持って上がりまつった日でもあります。
そうです、燧祭りです。

今回、久し振りに従業員数名でご来光登山をして参りました。
夜中の2時半に沼を出発。
月は半月でぼんやりと空を照らし、東の空には星が輝く。
夜の闇も、全てを飲み込む静かさも、まだ眠っている森も
全てをゆっくりと感じながら歩きます。
 
ミノブチ手前で空がうっすらと明るく明けだし、雲が赤く染まります。
しかしミノブチはガスの中。ただただ青白い世界。

ご来光は期待できないけど、ちゃんとお参りをしに行かねば。
マナイタグラに着いたとき、強風の中、数分の中でしたが雲の途切れ途切れで
太陽が顔を出しました。

雲海を照らし、後方の山々も姿をあらわし、空は青い。
本当に美しい瞬間でした。


DSC_1193.JPG


その後、お参り、お神酒、賽銭回収を済ませ、後にします。


また今年も無事で過ごせたこと、
皆の安全、健康、日々の幸せに感謝し、また来年と。

P8101473.JPGP8101469.JPGDSC_1104.JPG
nice!(0) 

8月5日 ヤナギランの丘へ [尾瀬沼の日々]

こんにちは。
梅雨が明けここ最近は晴れ間が続き、青い空に白い雲、ひんやりと涼しいそよ風の
尾瀬の夏が続いております。
そんな晴れ間に、そろそろ咲いたかな?と、ヤナギランの丘までのんびりお散歩です。

大江湿原ではコオニユリの鮮やかなオレンジが色や、オタカラコウの黄色、オゼミズギクの黄色、ノアザミの赤ピンクだけではなく
P8051298.JPGP8051334.JPG
今はコバギボウシ、サワギキョウの紫がだいぶ目立って参りました!!
湿原の緑に、爽やかな紫は夏らしく、とても相性がいいですね。

P8051307.JPGP8051325.JPG

夏と言えば、夏の風物詩、花火。
シシウドの花は大きな打ち上げ花火のよう。

P8051336.JPG

ヤナギランの丘では遠くから見てうっすらピンク色がわかるくらいで、咲き始めの様子。
空に向かって一直線に伸びる姿は美しいです。

P8051351.JPGP8051350.JPG

この時期のお散歩は、風にゆらゆらと花々は揺られ、草花がカサカサと揺れる音を聞きながら太陽を浴び歩くのはとっても気持ちがいいもんです。
心も体もスーッと軽くなります。

小屋の周りでは
水場の前のトリカブトが一輪咲き始めました。
元長蔵小屋前のベンチ付近や沼の畔ではトモエソウが咲き、
カマッ堀ではオゼヌマアザミが花開こうとしていました。

P8051366.JPGP8051373.JPGP8051376.JPG
nice!(1) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。